動物の治療の際は日ごろ世話をしている方が来てくださると助かります。

 動物の治療の際はなるべく実際に世話をしている方が来てくださると助かります(多くの場合、そのようにしてくださっているのでありがたいです)。  動物を日ごろから世話をしている方が来てくれると助かる理由として、 ①実際の症状が良くわかる。  動物は話せないので、飼い主さんからお話を伺う「問診」はとても重要です。実際に世話をして…

続きを読むread more

猫は王侯貴族のように接しましょう。

 急激に寒くなってきましたね。  写真は猫の血尿とその中の結石です。おそらくリン酸アンモニウムマグネシウム結晶(ストルバイト)でしょう。アルカリ尿で多く析出しますが、中性尿でも尿が濃くなれば出てきます。  今年はオス猫の尿路閉塞症が多い印象です。まったく来院がない年もあり年々減ってきていたので少し驚いています。  …

続きを読むread more

猫にマタタビは与えないようにしましょう。

 マタタビは木の実で人も食べることができますが、マタタビラクトンという化合物の集まり(一種類の物質ではありません)が猫に興奮状態をもたらすことが知られています。  興奮の末に流涎や酩酊状態に陥る個体もいます。原因物質は未だ特定できていないのですが(マタタビラクトンのうちどれが症状を出すのかはまだ特定できていません)、何らかの神経症…

続きを読むread more