猫にマタタビは与えないようにしましょう。

 マタタビは木の実で人も食べることができますが、マタタビラクトンという化合物の集まり(一種類の物質ではありません)が猫に興奮状態をもたらすことが知られています。

 興奮の末に流涎や酩酊状態に陥る個体もいます。原因物質は未だ特定できていないのですが(マタタビラクトンのうちどれが症状を出すのかはまだ特定できていません)、何らかの神経症状が出るのは体にいい事ではないので与えないほうがいいです。

 なぜか、キャットフードや猫の爪とぎにマタタビの粉が添付されていたりするのですが、餌に混ぜたり爪とぎに振りかけたりしないでください。
 家で飼っているネコ用に段ボールタイプの爪とぎを定期的に購入してますが、マタタビの粉がおまけでついているのですがすぐにゴミ箱に直行させています。
 
 過去に歯周炎を疑った猫で、フードにマタタビ粉を振りかけている疑いの猫がいました。ドライフードは食べるのによだれを異様に垂らすので歯周炎を診断されていたのですが、フードに混ぜたマタタビ粉が原因だった可能性があります。

 ・神経症状を出す。
 ・異様な流涎で他の病気と誤診される場合がある。
ということでマタタビ粉は猫に与えないでください。

この記事へのコメント